■泣}ーク 1/350 リアルフォームbR 《ダイモガンプ》■

1982年後半発売? 当時の定価:300円。

劇中ではロング星の量産型戦闘ロボとしてニオーム共々、登場回数も多い。
当時のガンプラ等のリアルロボット・プラモの波に乗ったのか?
通常なら商品化されそうにないアイテムながらキット化。
但し、キットの方は元のデザインとはかなりかけ離れた
造形にリアルタイプ定番のマーキング・デカールも付属
するが、バクシンガーや前作ブライガーの完成度を考えると
ヤッツケ感が漂う物になっていますね。






■完成写真とBOXアート比べて見て下さい。投げ出したくなるでしょ?
前作は特別思いいれもなったのでなんちゃってイメージアップ程度
しか弄っていなかったからバクシンガーやニオームと並べると
違和感が在ったので時間の制約が在ったが新規で、出来るだけ
BOXアートのイメージに近づく様に弄ってみました。



 

■今更、このキットを探して作る人はソウソウ居ないとは思いますが・・・・・・・・・・。

【頭部】・・・・・胴体と対比すると明らかにボリューム不足。
接着面で2oボリュームアップ。これでもBOXアートからすれば
ボリューム不足ですが全体のバランスで決定。
後頭部も延長しトンガらします。
首はキットのままだと頭部が胴体にめり込んだ感じになるのと
ポーズ付けし難い為、キットの首のパーツにプラ版を貼りボリューム
アップと高さを増してからディティール付け。

【胴体】・・・・・ポーズ付けの為に、胸、腹部、腰に3分割。
胸部は背中側はキットのままで前面をセンターで切って
2o程幅詰めし、前後の接着面で2oボリュームアップ。
接着剤が乾燥してから金ヤスリでラインを繋げる。
肩のノズルはBOXアートでは凸状態なので、市販の
プラパーツで再現。
腹部は太いし、どうせ分割で無くなった部分を再生しないと
いけないので細目に新造。
腰部は上部の面取りを変更する為上部のみプラ板でフタをした。

【椀部】・・・・・肩アーマーは明らかにボリューム不足。
接着面で1o増し。外側の排気口?部を凸から凹にする
為、パイプを長めに接着しその周りにアルテコHGを盛って
ボリュームアップと形状出し後方の尖がりも延長。
上椀は0.5o幅増し。下腕はキットのままで筋彫りを
追加したのみ。(肘の排気口も修正したかったが)
拳は3o丸棒で新造。左拳のクローもキットの物は
使えないので新造。チェーンは2キット分使って延長。

【脚部】・・・・・一番時間が買った部分。
太ももは接着面で3o幅増し。外側の排気口は肩アーマー
と同様に凹に修正。
膝関節?(中間ブロック)はBOXアートを見ると意外と長い。
接着面で0.5o幅増し後、上下に5oづつ延長。
スネ〜足首。此処がBOXアートとかなり違う部分。
キットだと細くて長い。その為、足長、短胴なプロポーション
になってしまっている。
スネパーツから後部のノズルを切り取ってから、接着面に
クサビ状のプラ板を噛ませて足首側が3o広がる様にし、
ヒザ間接側を1cm切り詰めた物をベースにタミヤの
エポキシパテ(速硬化タイプ)で末広がりになる様に盛り付け
形状出し。(前作よりはBOXアートのイメージに近づいた?)







■戻る。





Ads by TOK2