聖戦士ダンバイン
Aura Battler DUNBINE

■1983年2月〜1984年1月に放映された富野監督作品。
前年に放映されていた『戦闘メカザブングル』のリアルロボット系ながら『無敵鋼人ダイターン3』
テイストの重いテーマを描きつつコミカルタッチで作品全体の雰囲気が暗くならないテイストから、
日本のアニメシーンに於いてそれまで全面にだして描かれる事が少なかったファンタジー世界に
それまで培ってきたリアルロボットの要素と中世の世界観を融合させた新たな世界観を構築し
人間の業を描いた『伝説巨人イデオン』にも通じる大人の鑑賞に堪えうる後世に残したい1作となっています。

◎模型のスポンサーには『戦闘メカザブングル』に引き続きバンダイが、版権を取得し、
1/72のスタンダードコレクションサイズ、1/48はDXとして1/72で再現できなったコックピットの再現や変形を再現。
1/24はダンバインの1点ながら完成時30センチ近い大型アイテムが展開されるが、それまでのロボット的な
バランスや可動を盛り込む為に1/72では素組では設定画や劇中イメージのギャップが顕著で、ビランビーを筆頭に
酷評される事が多い旧キットでは在りますが、パーツ単位で観ていくと意外と特徴を捉えているキットが多く後に展開される
HGABのアレンジされたキットに比べプレーンな形状の旧キットはアイテム数も多く、TV版を再現するには
価格帯も現状と比べて安価で改造等、気軽に取り組め定期的に再販も在るので挑戦されてはどうでしょうか?


《旧キット紹介》

■bP ■1/72 ショウ・ザマ用オーラバトラー・ダンバイン ■2008年12月03日更新
■bQ ■1/72 マーベル・フローズン用オーラバトラー・ダーナ・オシー ■2008年12月05日更新
■bR ■1/72 バーン・バニングス用オーラバトラー・ドラムロ ■2008年12月04日更新
■bS ■1/72 マーベル・フローズン用オーラバトラー・ボゾン ■2008年12月04日更新
■bT ■1/72 トッド・ギネス用オーラバトラー・ダンバイン ■2008年12月03日更新
■bU ■1/72 トッド・ギネス用オーラバトラー・ドラムロ ■2008年12月04日更新
■bV ■1/72 バーン・バニングス用オーラバトラー・ビランビー ■2009年06月06日更新
■bW ■1/550 オーラシップ・ゼラーナ ■2009年01月30日更新
■bX ■1/72 ビネガン用オーラバトラー・ゲド ■2008年12月04日更新
■bP0 ■1/72 ガラリア・ニャムヒー用オーラバトラー・バストール ■2008年12月04日更新
■bP1 ■1/48 ショウ・ザマ用オーラバトラー・ダンバイン ■2008年12月05日更新
■bP2 ■1/72 一般用オーラバトラー・ボゾン ■2008年12月04日更新
■bP3 ■1/72 マーベル・フローズン用オーラバトラー・ダンバイン ■2008年12月03日更新
■bP4 ■1/48 バーン・バニングス用オーラバトラー・ビランビー ■2008年12月05日更新
■bP5 ■1/48 バーン・バニングス用オーラバトラー・ドラムロ ■2008年12月12日更新
■bP6 ■1/48 ショウ・ザマ用オーラバトラー・ビルバイン ■2008年12月05日更新
■bP7 ■1/72 ショウ・ザマ用オーラバトラー・ビルバイン ■2008年12月05日更新
■bP8 ■1/24 ショウ・ザマ用オーラバトラー・ダンバイン ■2009年04月08日更新
■bP9 ■1/72 マーベル・フローズン用オーラバトラー・ボチューン ■2008年12月05日更新
■bQ0 ■1/72 ジェルル・クチビ用オーラバトラー・レプラカーン ■2008年12月05日更新
■bQ1 ■1/72 黒騎士用オーラバトラー・ズワァース ■2008年12月05日更新



■完成作品■

■1/72 ■ビルバインVSズワァース〜城攻め〜 ■2008年12月03日更新





◎バンダイのダンバインシリーズ開始の告知用カタログ。





◎ダンバイン、ダーナ・オシー以外はまだ木型の段階。
ビランビーは木型の方が出来が良かったような・・・・・・・・・。
初期段階ではトカマク用ダンバインもラインナップされていたが、
第1話でアッサリ撃墜されたので見送られたのでしょうか?
ウィング・キャリバーフォウの企画倒れは残念でしたね、
ダンバインシリーズでは結局オーラバトラー以外はゼラーナ
のみは寂しい限り。艦船や支援機のキット化がされにくく
なっていく時代です。







■戻る。






Ads by TOK2