■オーラバトラー”ビルバイン”■
Aura Battler BILLVINE





■バンダイ 1/48スケール bP6 オーラバトラー”ビルバイン”■ 
Aura Battler BILLVINE For SHOU−ZAMA

◎1983年12月頃発売。 価格1000円 





《キット内容》
◎各アニメ誌等に設定画が発表された時はおもちゃぽいとかオーラバトラーじゃない等
散々、酷評された後半の主役機”ビルバイン”『戦闘メカザブングル』から始まった
主役交代劇はスポンサー的にも美味しい為、後番組のダンバインでも継承され現在
でも定番のなっていますね。オーラバトラーの世界観からすれば変形は馴染みにくい
設定では在りますがおもちゃのスポンサーだったクローバーからすれば商品のウリ
が欲しいのと子供に受ける派手なカラーリングが欲しかった訳で、商業的にも売れ
ないといけない(放送が終了する前にクローバーは倒産)クローバーがラフ案を提示し
作画監督の湖川氏がオーラバトラー的ラインに修正され決定稿となったのですが、
流石に初登場時には違和感が在りましたが今となっては西洋の甲冑のイメージも
とりこまれ人気オーラバトラーとなり現在でもリメイク商品が発売されたりしている。

◎キットは当時のアンケートでベストギミック賞1位を受賞。当時は複雑な変形
ギミックを持ったロボット物が少なくバンダイも変形アイテムをそれ程開発して
いなかった頃で拳の取り外し位でほぼ完全変形を再現していたのが評価された
のだろう。(同時期のイマイ、アリイの可変バルキリーは差し替え変形だった。)
変形物の常としてどちらかの形態に重点を置くとどちらかがバランスが悪いもの
だが、比較的シンプルな変形だった為当時の変形キットとしては両形態共に
バランスよく纏まっている。(現在の目で見ればズングリしてるが、ポリキャップ
すら使ってなった頃のキットですよ)





■戻る。








Ads by TOK2