■X・ATH-02-DT■
 ラビドリードック
RABIDLY DOG


WAVE 1/35スケール  ”ラビドリードッグ”《フルキット(初期版)》

■キット自体が古い為か泡状の気泡の山で表面処理が大変!初期版はタカラのプラキットと並べた時に違和感が無いのと改訂版
を先に作ると100%作らなく為るのが嫌だったので(笑)細々と手を入れてます。
●タカラのストライクドッグと並べた時に違和感が在るので、各部に施されたパネル状のモールドを好みも在り削り落とし。
※あくまで、12〜13cm大の模型の情報量としての密度感を優先し過剰ディテールは控えめに。
●アンテナはメタルパーツだったが折れそうなので真鍮線に交換。
●アイアンクローの接続方法変更(キットではダボの挟みこみのみで緩かったので貫通させアルミ線で硬めに)
●足周りは股関節を蟹股にしやすいように位置変更。
(アニメRの吉田徹氏の描く腰高なAT風を狙ったのだけど・軸位置を変更したので直立ポーズはとれなくなったので半固定ポーズ)
●つま先には1/24スケール等の段差モールド追加。



           ■X-ATH-02-DT”ラビドリードッグ”■
●秘密結社が開発したPS(パーフェクト・ソルジャー)専用機X-ATH-02”ストライクドック”の量産化計画機に、
砂漠走行ユニット《サンドローダー》と背部ミッションパックに爆雷投下装置を装備。
外観こそスコープドッグ系だ出力強化や内装火器類の為一回り大きいH(ヘビー)級ATで一部M級と互換性は
あるものの全くの別機体。
秘密結社製のATだったが終戦後、ギルガメス軍において制式採用され量産配備された。(OVA)

TVシリーズにおいてキリコが最後に搭乗し、ギルガメス・バララント両軍相手に戦った機体と言う事も在り人気
の高いATだったがTV本放送中、タカラからは”ストライクドッグ”の発売をもってシリーズが終了してしまった為
インジェクションキットとしてはユニオン(現在はWAVE)1/60スケールのみだったが、人気の高さも手伝ってか
当時はまだ一般的でなかったキャスト改造パーツ(タカラ1/35ストライクドッグ・ベース)が”ラーク”(現WAVE)
から発売されガレージキットとしては異例の大ヒットとなり幾度と無く再生産され、ベースのタカラ”ストライクドッグ
が市場から姿を消し始めた頃に、フル可動仕様のフルキットとして発売された。
後にEDスコープドック基準の”ストライクドッグ””ラビドリードッグ”が発売されこのキットも退役となった。




●↓後方に何か居ますがあまり気にしないで(笑)


                                                 ■塗装■
●塗装は、スコープドッグ等のミリタリーカラーで無いので、全体的に暗くならないのとアニメアニメしないギリギリのライン?
◎基本色(青)
☆〔ゼク・ブルー〕(”サンダーバーズの青”に”蛍光レッド”?覚えてない)
☆〔キャラクターブルー〕>〔FGガンダム用ブルー〕
◎基本色(白)
☆〔シャドーホワイト〕(FGガンダム用ホワイトに”パープル””蛍光レッド”の作り置き)
☆〔アイボリー〕>〔FGガンダム用ホワイト〕
◎基本色(グレー)《バイザー・クロー基部》
☆〔宇宙戦艦ヤマト上面色〕<記憶に無い!
◎アイアンクロー&ライト
☆〔シルバー〕>〔スーパークリアー〕

汚しも1/35という事で普段より控えめに。
足周りの泥汚れは、旧グンゼ産業ウェザリングカラー(発売当時の物が未だに使える(笑))
本体は毎度御馴染みのエナメルのボカシ塗装。
角の塗装の剥がれは、ジャーマングレー>ガンメタル>フラットアルミの順で行い単純な銀ハゲにしないように手書き。


■戻る。

Ads by TOK2