四天王用ロボット・シーラ専用 ケラドウス
QUERADOUSE





■メーカー:(有)アオシマ文化教材社

■スケール:1/144 アニメスケール

■キット名:四天王用ロボット・シーラ専用 ケラドウス

■発売時期:1982年10月頃


■定価:300円


  


■ゴブリン一族四天王の紅一点、白軍鬼シーラの専用攻撃ロボット。
本体はゴブリン金属を使い、陸・海・空に対応できるが、水中戦を
得意とする。四天王ロボット中で最も完成度が高い。
必殺武器は両肩に装備されたライザーカッター。(赤い部分)

■全高:20m ■全幅:7.5m ■重量:90t





※製作詳細⇒コチラ





◎ゴブリンメカでは一番人型に近い為か劇中の登場も多かった。
中盤頃には簡易タイプの量産型も登場するがキット化はされて
いない。ケラドウスのキット自体は設定画や三面図のドッシリと
したプロポーションをよく再現している。(製作が終わってから
資料が見つかって細部のディティールを追加できていない。






◎アオシマ=合体。初期のアニメスケールの印象が強い為か、
未だにまともなキットは作れないみたいな悪評が付いてしまっているが、
キャラ物復帰後のガオガイガーやサイバーフォミュラ等
かなり上質なアイテムを発売しているのにどうしてもガンプラと
比べられて三流メーカー扱いだけど。80年代のキャラクター物でも、
プロポーションの良い物を出しているんだけどな・・・・・
イデオンの重機動メカや1/144アクロバンチ・シリーズ、
テクノポリス21C等今の目でも充分通用するアイテムが多いが、
版権を取得できる物がB級作品が多かったのでどうしても、
ラインナップが地味に成ってしまっているのが印象に残らないのかも?










◎アオシマのアクロバンチ・シリーズ自体は知名度が在るものの
実際、買って作っている人てどれだけ居るんだろうか?
当時の模型店ショーケース〜ネット上でも殆ど見かけないし、
元々、番組自体に人気が在った訳ではないから仕方ないかな。






【カラーガイド】
◎本体色(白)・・・・ガンダムカラー『FGガンダム用』ホワイト
◎本体色(茶色)・・・・Mr,カラー 41:レッドブラウン
◎本体色(グレー)・・・・Mr,カラー 71:ミッドナイトブルー
◎赤・・・・Mr,カラー 100:マルーン

◎キャノピー・・・・タミヤアクリル・クリアブルー









■戻る。







Ads by TOK2