四天王用ロボット・グロイジ専用
ディラノス

DIRANOTH

 


■メーカー:(有)アオシマ文化教材社

■スケール:1/144 アニメスケール

■キット名:四天王用ロボット・グロイジ専用 ディラノス

■発売時期:1982年10月頃


■定価:300円


 


※製作詳細⇒コチラ





◎ゴブリン四天王、黒軍鬼グロイジ専用ロボット。
ゴブリン・メカは基本的には陸海空に対応しているが、
ディラノスは地中、沼地を得意とする。
四天王ロボの中では最大のパワーを誇ている。
中央の脚はオプションで、必要に応じて取り外しが可能。

【スペック】
●全高:22m ●全幅:9m ●重量:11t
●出力:120000馬力

■武装■
●ノーズビーム(両肩) 2門
●パワーハンドカッター(両手)





◎このディラノスは何故かアオシマお気に入りだったのか、他のゴブリンメカ
は1/144サイズのみだったのが、ミニ合体、1/100を二種と敵メカとしては
恵まれていてプロポーションも三者三様。どれも設定画の骨太なバランス
では無いもののサイズに見合ったバランスをしていて設定画には似てない
けどバランス良く立体化されている。個人的には1/144アニメスケールの
プロポーションが一番お気に入りのバランスをしている。





◎イデオン等で知られるアオシマのアニメスケールシリーズ。
当初は300円ガンプラに追随する感じが在ったが、
当時の子供が買い易い値段帯が300円くらいだった事も反映しての
商品形態だったそうですが、バンダイのベストメカコレクションの
初期はスーパーロボット系の主役ロボだけだったがガンダムが
ラインアップに入ってからは箱スケールから1/144の統一スケール
でガンプラは展開されたが、方やアオシマのアニメスケールは
イデオンシリーズの印象が強いが300円で完成全高が130o
を基本とした完全な箱スケールだった。取得出来た版権モノが
統一スケールで展開するのには難しい作品が多かった事も、
要因の1つでは在るが・・・・イデオン以降もアオシマ特有の
ギミックを廃したプロポーション重視のアニメスケールは展開
されていたがやはり完成全高130oが基本だった。
そしてアニメスケール初の統一スケールで展開されたのが
アクロバンチ・シリーズで初めて並べる事が出来き、
プロポーションもそれまでのアニメスケールと一線をひく
バランスの取れた商品となったのだがキットの出来とは
反比例して作品の認知度が低かった事もあって余り評価
されない不遇なアイテムになっている。
元々、子供受けしそうなデザインでないことも在るので、
いまでも比較的入手し易い商品ですね。

















【カラーガイド】
このディラノスの配色はBOXアート毎に異なっているしセル画の
カラー設定も違うので、色味を増やす為に、1/100と1/144のBOX
アートの良い所取り見たいな感じで塗り分けました。

◎本体色(黄色)・・・・Mr,カラー 58:黄橙色〜Mr,カラー 95:クリームイエロー(現在生産休止)
◎本体色(黒)・・・・Mr,カラー 2:ブラック〜Mr,カラー 5:青
◎本体色(緑)・・・・Mr,カラー 64:ルマングリーン+Mr,カラー 175:蛍光グリーン
◎本体色(青)・・・・ガンダムカラー『FGガンダム』用ブルー
◎上椀、首部・・・・Mr,カラー 13:ニュートラルグレー
◎下腕、ヒザ部・・・・Mr,カラー 72:ミディアムブルー
◎足首・・・・Mr,カラー 14:ネイビーブルー







■戻る。




Ads by TOK2