■ユニオン・モデル(WAVE) 1/60スケール【ATバリエーション】bP1■


■《XATH‐02‐DT”RABIDRYDOG”》■
【ラビドリードッグ】

●ユニオン版 定価 300円

●TV本放送終了後に発売されたキット。
当初は、販売促進キャンペーンの一環として箱側面のユニオンモデルのマークを集めて応募すると、
”ラビドリードッグ”の改造パーツが貰えると言う物だったのだが、其れに応募した知人が、送られてきた
インジェクションパーツにまさかな・・・・・・・・?と思っていた矢先に発売のアナウンスが・・・・・・・・(T.T)

◎パッケージに使用されている完成見本は当然(笑)キットを組んだ物ではなく、ホビージャパン誌上で
製作された物(後にラーク(現WAVE)から改造パーツとして発売)確かに、パッケージにはキットとは異なります
等の表記はされているもののもっと自社製品に自信を持とうよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



●WAVE再販版 定価 400円

◎WAVEから再販されたときはパッケージ&完成見本も一新。完成見本も汚しが施され
素組なのだが引き締まって見える。現在は生産休止状態なので、再再販が待たれる。






■【脚部】

◎形状、ボリューム共に特に悪くは無いが、直立ポーズ以外では足首が動かないのがポージングの
幅が少ないので、何時も通りの足首の切り離し&インナー部分の再生を行います。
カッターナイフ等で慎重に切り離し脛側は切り口を綺麗にする以外はそのまま。
足首側は”ラビドリードッグ”の場合は踵にサンドトリッパー装備している事も在りボリュームが欲しい
ので他の機種の様な幅詰めは行わない。
ただし、インナー部分はクリアランスに余裕が全く無いので可動を仕込む場合は調整が難しい。
作例は固定ポーズだが脛側に余裕が無いので今回は大人目のポーズと為った。
〔太もも〕正面からのボリュームUPの為に0.3oプラ板で幅増し。
■【腰部】
◎フロントアーマーは素組でもカッターナイフ等で切り込みを入れておいた方が、別パーツ感が出る。
●アーマーを綺麗に切り離し、フンドシ部分の左右に0.3oプラ板で幅増し。
■【頭部】
(※)インスト完成写真と比べれば解り易いと思う。
◎完成見本の写真を見て貰えれば解るのだが、頭部ドームのアールがホントに、球体を半割りした
様に丸々としていて全体の印象が上下に伸びた感じがしてしまい”ラビドリードッグ”=”狂犬”のイメ
ージでない。
設定画に在る側面図では確かに半丸状なのだが、此処はイメージ優先で、頭頂部分を削り扁平に
します。
パーツの肉厚が在るので大丈夫とは思うのですが念の為、パーツの裏側をパテ等で裏打ちを行い
(私はアルテコの瞬着パテを使いました)硬化後、金ヤスリで荒削り。
カメラパーツ(D12)を仮止めしてバランスを見ながら形状決定。
バイザーの上下の面積も少々在るのでバイザー下部をカメラの○部分ギリギリまで前に向かってク
サビ状に削る。(後頭部はキットの高さを維持する事)
後頭部のカメラ(センサー?)は立体感に乏しいので何時も通りの市販バーニアパーツを埋め込み。
◎アンテナは0.4mm真鍮線と1mmスプリングパイプ。
◎カメラパーツ(D12)は好みが顕著に出る箇所なので参考程度に?
メインカメラ>逆さ台形で縁が分厚い。ATではカメラ部分で表情が決まるので、□ラジエターパーツ
(小)を加工して引き締まった感じにした。
ザブカメラ(左の横長)>横の長さが足りずボヤケタ表情に為っている要因の1つになっている。
元のパーツに2mm角棒を貼り延長する。
■【胴体】
◎基本的に”ストライクドッグ”のままなのだが、今回は腹部にあたる部分の傾斜を正面立ちポーズ
のイメージに近いバランスする為に角度を浅くしたのだが、サイズ的にあまり効果が無かったようだ。
●〔コックピットハッチ〕
(D4)左側のインテーク部分は確かに”ストライクドッグ”に比べて大型化はされているのだが、設定
画でも胸の半分位の幅が在るので新造する。
作り方はハッチ(D4)の半分位(イメージする大きさ)まで切り欠く。
(※)失敗が怖い場合は余剰パーツとなる”ストライクドッグ”の物ですると良い。
其処に大き目に切ったの5mm角棒(キャストランナーの方が軟らかくて加工し易い)を接着。
ハッチの縁のラインを金ヤスリ等で整えてからインテークの形状だしをして行き、気に入ったラインに
為ったら吸入口をピンバイスとノミで穴を開ける。
◎頭部ドームが付くリング部分(首or襟?)の高さが在るので0.5mm位やする。
■【ミッションザック(パック)】
◎1パーツで構成されている為に裏側が空洞で正面から意外と目立つので、パテ、プラ板等で塞ぐ。
ザック側面のバルジは一体成型の為に形状が可笑しい。
裏打ちをして設定画等を参考に形状修正。フックは真鍮線に変更。
■【腕部】
◎肩ブロックが”ストライクドッグ”(初期稿)の五角形のままなので、四角形に直す。
上腕でカットするか、裏打ち等で削り込む等やり易い方法ですれば特に難しくは無い。
◎〔肩アーマー〕キットの状態では可動クリアランス確保の為に上の方に付いている為に肩ブロックの
露出面積が広い為に小振りに見えてしまうが、可動派の方は、取り付け穴を下にずらすと良い。
リベットはこのサイズにしてはオーバーなので小振りにするかいっその事削り落とした方がスッキリと
する。
●〔右腕ー下腕〕幅が少々在る感じがするが左腕とのバランスが在るので、形状的にドラえもんの様
な拳は使わず新造。大きさはM級と同じにして同スケールのATに見える様にした。
●〔左腕ー下腕(アイアンクロー)〕”ストライクドッグ”より大型化されたアイアンクロー。
大型化されたのだが薄く形状も中途半端・・・・・・・そこで、プラ板、プラ棒で厚みと爪先を大型化した
(形状は満足できないがキットベースではまずまずかな?)
■〔ハンディーソリッドシューター〕
バランス&ボリューム共に及第点。接着面のモールドを直したのみ。

■TVシリーズに於いては最終ATとして登場した”ラビドリードッグ”はキリコの搭乗した、先行量産型
のブルーとホワイト系のツートンカラーがメジャー(イメージカラー)(砂漠迷彩らしいのだが?)
OVA『ザ・ビックバトル』にゲストメカ扱いで登場した量産タイプの紫系(守備隊カラー)が確認されて
いるのでカラーバリエーションや、ゲーム『鋼鉄の〜』で設定された、寒冷地仕様”フェアズリードッグ”
の改造ベースにもし易い。(現在唯一のインジェクションキットだしね。)
●1/60シリーズには”ベルゼルガDT””ツヴァーク””ファッティー”等がラインナップされているので、
『クエント編』の乱戦やキリコ対フィアナの対峙シーンを楽しめるのではないだろうか?

   
●数機のツヴァークを従え渓谷に侵入・・・・・・・・・・(あくまでプランの段階)
1/60シリーズは単体も良いのだが小ささを利用して簡易ジオラマにすると種類が在るので楽しいと思う。






■戻る。

Ads by TOK2