■ATM‐09‐STC ”ST‐BACCHUS”■
《ストロングバックス》


■タカラ 1/35SAK
【ストロングバックス】
◎初版定価 500円

■潟uンカで再販された時に変更されたBOXアート。



■キット開発当初、タカラにはどのロボットが主役かアナウンスされていなかったそうで、
とりあえず、デザインのあがってきた物から開発したとのことで、
良くも悪くも登場回数やメインキャラクターが搭乗しないサブメカ!
普通に行けばまず商品化の候補にも挙がらないこのATが、
シリーズTOPを飾ってしまいました(笑)<ケガの巧妙て奴です。

◎キットの印象は腕が長くドラえもんの様な拳、薄くて幅の広い足首がパッと見のイメージが悪い物の
モールドもキャラクター物にしては比較的シャープで、ポイントさえおさえて改修すれば秀作キットの分類。

◎塗装ガイドにはタカラキットでは定番化した感の在る、大河原邦夫氏書下ろしのバリエーションAT
”ファイティングバックス”が在りノーマル以外を作ろうと思う方には参考になると思う。

◎本編では主にバトリングシーンで活躍?バトリング専用機の印象が強いですが、
ウドの街では武装もして隠れた名機ぶりも?
カラーバリエーションも比較的多いのと後のOVAや『青の騎士』にもバリエーション機
が登場していますので、素組でカラーバリエーション。改造ベースにと重宝する。


■ストロング・バックス〔Ver,U〕■





■この”ストロングバックス”は実戦配備を想定しています。
元ネタは最近の解説書で、重装甲の機体の為に新兵が搭乗したと言う記述が在り使えるなと。
キットのヘビーマシンガンでは見た目が変わらないので、初期の設定でパラシュートザックは
陸戦or野戦用装備だったので、ソリッドシューター共々、”ラウンドムーバー”から流用。
”ストロングバックス”も”スコープドッグ”と同じ09系で戦場で降着できないのはまずかろう?
(ザブメカの為、作画の線を減らす為に無いだけと考えるほうが自然だし)
0.3mmプラ板で再現。



■腰と頭以外は固定ポーズ。
潟uンカ再販時くらいに殆ど加工していたので、目立った改修はしていない。
手首の大きさと腕の長さは要改修ポイントだが、次回のバトリング仕様で、
その辺りは調整してみよう。(細かな改修はキットと比べて欲しい)



■ポーズは新兵のギコチナサを表現しようとしたのだが今ひとつでした・・・・・・・・・



■腕が長くバランスが悪かったので一寸バランス調整。
ポーズ自体は変わっていないがATらしいタイミング
に成ったかな?(カラーリングも遊び心を加える予定)



■ストロング・バックス〔Ver,U〕■


■戻る。



Ads by TOK2