■ATM‐09‐GC”BRUTISHDOG”■
《ブルーティッシュドッグ》



■タカラ 1/35SAKシリーズ 【ATM‐09‐GC”ブルーティッシュドッグ”】  初版定価 600円■


◎ヒロインである”フィアナ=ファンタムレディー”専用機として『ウド編』『クメン編』と活躍した
秘密結社が開発したP、S(パーフェクトソルジャー)用カスタムAT。
外見こそ”スコープドッグ”系だが中身は常人では扱えないほどのチューンナップがされていると言う設定。

◎キットもライバル&ヒロインの搭乗ATとあって第4弾と比較的初期にリリースされた。
プロポーションはカラーリング(明るめの色>膨張色)の為か完成見本では、
”スコープドッグ”程悪く見えないが、シリーズ物の為にプロポーション取りは同じ。
ギミックもガトリング砲の回転やクローの可動。ガトリング砲用のマガジン(2種)等
商品としてのプレイバリューは備えている。

◎元と為った”スコープドッグ”は胴体のみの金型流用で、手足ザックが新規ランナー。
形状的に然程変わらない左腕や脛もモールドが改善されているのだが、
バランスは従来のままなので、改修ポイントはそのまま。(手の長さ。足首の幅広等)
付属のフィギュア(フィアナ)は・・・・・・・・顔が_(・・;φウッ・・・
”ストロングバックス”以外の商品には必ずフィギュアを付属させてAT(ロボット)との対比
でスケール感をだしたいるダグラムシリーズから続くコンセプトは評価に値する。
しかし、1/24付属に比べるとポーズが全体的に硬い。
1/35と言う事で、どうしてもMMシリーズと比べられがちなだけに残念。
コックピット内の座りポーズの”フィアナ”はヘルメット&ゴーグルのタイプのせいか
然程、悪く見えないが上半身自体は新規パーツなのだが、下半身は
”スコープドッグ”のパーツがそのまま流用の為にキリコのままなので、
コックピットを開く方はモールドを削るなりした方が良いでしょう。




●製作●

◎【頭部】◎
バイザーの裏を削て座りを良くした程度。
アンテナは0.4mm真鍮線変更。

◎【上半身】◎
腹部下部を2mm延長。
左右インテークの縁の厚みを減らすべくヤスリで斜めに縁を薄くした。

◎【腕部】◎
〔右腕〕は砲身部分の回転は然程意味が無いので固定したが、
上腕と下腕の回転部はポリキャップでの接続に変更している。
鉤爪は手首側が分厚のでシャープに削た。
〔左腕〕上腕が長いので上から9o位の所でカットして長さを詰めている。
手首は大きめなので小振りに新造。




◎【脚部】◎
〔太もも〕を3mm延長、
〔脛〕膝アーマーのフィンは”スコープドッグ”より格段によくは為っているのですが、
継ぎ目が消し辛いので切り取ってプラ板で再生。
降着部分も0.3mmプラ板で強調。フックは強度の為に1mm真鍮線。
〔足首〕接着面で4mm幅詰め(後部ローラーも同様に幅詰め)
つま先には0.3mmプラ板で1/24風パネル追加。
〔ターンピック基部〕裏に0.5mmプラ板でフタ。














■戻る。

⇒《塗装編》

⇒《完成》











Ads by TOK2