■タカラ 1/35SAK ”ストロングバッカス”   詳細⇒コチラ ■



◎ストロングバッカスorストロングバックス(初期の商標ではストロングバッコスと表記されていた物も在ったが?)
は型式番号が示すようにATM-09系の機体で劇中に於いてはバトリング専用機として登場したが、最近の書籍
の記述(オフィシャルの設定には無いものの世界観を広げる事の出来る後付け設定は容認派なのだ!)に在る
軍用タイプ。原型機の”スコープドッグ”よりも装甲が厚い為に新兵にまわされ運用されたと言う記述はガンプラの
MSV的遊び心に通じる所が在って創作意欲を刺激します。方向性としてはオリジナルの装備品を付けた”オラAT”
的アレンジと劇中に登場しても違和感の無い”オフィシャル設定風”と!ただし、オラアレンジの場合、第三者が
みてATと認識されないと辛い物が在るので、正攻法にて料理してみました。




◎当初は当時に途中まで作っていたキットのレストアだった為に大きな改修はせずにいましたが、
前出の書籍にて軍用タイプのネタをしようと方向転換。最初は"レッドショルダーカスタム”の装備
も試してみましたが、新兵に扱えるわけも無いので陸戦装備として野戦装備としての設定が在る
”パラシュートザック”にしてみました。軍用にすると決めた時点で一見して”ストロングバッカス”
に見えない様にするサブテーマを決めていたのでシルエットが”スコープドッグ”ぽくなり此れに
決定。携帯火器も新兵なら後方支援程度の任務がやっとだろうとの事で”ソリッドシューター”に
した。此処まできて”ストロングバックス”に設定されているカラーにしてはミもフタも無い訳で、
カラーリングのプランを数点候補に挙げた。最初は”スコープドッグ”のスタンダードのグリーンの
ツートンカラー。(面白みが無いので却下)次に山岳迷彩のブラウン系(バウンティドッグだしな)
その他にも在ったが最終的には”デザートドッグ”のカラーリングを参考にしてしみた。






◎カラーリングが違うだけでも随分と印象が異なる物です。















■戻る。

















Ads by TOK2