■童友社(旧タカラ) コレクターズシリーズ(ビギナーズコレクション)
1/144スケール 
”デザートガンナー”


●ビギナーズコレクション●
タカラが『太陽の牙ダグラム』を展開していた頃、ガンプラブームからの空前のキャラクターモデル全盛期で、
ガンダムに続くアイテムとしてタカラがそれまでのキャラクター物とは違い、クリヤーパーツやデカールを標準
仕様とした物だったが、その反面ビギナー(初心者)クラスには工作レベル自体が難しいものと成ってしまい
折角キャラクターモデル人口が増加したのに初心者(低学年層)には購入そのものを遠ざける結果になって
しまった。そこでパーツ点数を減らしクリアーパーツも省略、作る工程を極力簡略化し作る楽しみを前面に出
したシリーズとなった。(現在発売されているガンダムSEEDコレクションシリーズの様な位置付けの商品)
但し、パーツを簡略化して在るので動かない関節やパーツの裏が空洞等、キチンと作るとなるとそれなりの
工作が必要になる。【人型コンバットアーマーはアイテムによって出来にバラツキが在ったがガンナー系は
比較的バランス良く立体化されていた。(ガンナー系は1/144統一だが人型の方は箱スケール)



●【製作】●
プロポーションはそれ程可笑しくない。個人的には足首の○が小振りに感じるが此処を修正するとなると
大事になる為に、金型の抜きの関係や省略されているパーツの復活等をメインにする事にした。
●砲塔(最上部):基本パーツは1パーツで底ががら空き。角度によっては丸見えと成るので、
プラ版で蓋をする。そして左右に在るBOXが抜きの関係で砲塔の厚みと同じ長さになってい
てかなり印象が異なるので裏打ちしてから半分の厚みにした。砲身は新造したが此処は単に
パーティングラインを消すのが面倒だっただけでキットのままでも問題は無い。
アンテナは基部のみキットを使い真鍮線に変えてある。
●砲塔?(中段):此処も裏を塞ぎモールドを追加。ハッチのフックも真鍮線で追加。
●車体?:此処も抜きの関係で曖昧に処理されている部分を修正。
前面ライト部:パーティングラインが消し辛い為、一旦切り落とし、同径のプラユニットで再生。
Hアイズ(クリアー)を塗装後にはめ込んでいるので角度により光って見える。
左ダクト部:下部が抜けてしまっているのでプラ版でラインを直す。
フック:パーツ化されていないため真鍮線で製作。
後部排気口?:申し訳程度にモールドされているだけなのでプラユニットで立体的に。
●脚部:間接カバー側面の○モールドが楕円になってしまっているしパーティングライン
を消し易い様に削り落としてプラユニットに交換。




●【塗装】●
◎本体色:今となっては少々反則かもしれないがダグラムカラーのデザートブラウンに赤味を強くして使用。
◎間接色:ネイビーブルー。 ◎ミサイルポッド:モンザレッド。






■戻る。





Ads by TOK2