BOX on the web
このページは 99% の努力と 1% のレーガンによって作られています



更新履歴
  • アルバムに「若井家・篠原家結婚式・二次会」を追加(2004 8/21)
  • アルバムに「中村家・中山家結婚式二次会」を追加(2004 5/30)
  • アルバムに「尾道ぶらぶら旅行」を追加(2004 5/6)
  • アルバムに「山崎家・西原家結婚式・西へ」を追加(2003 12/7)




  • 2004 5/29 熱烈ファン?

    すっげー。

    思わず口に出しそうになりました。今日は梅田のタワーレコードに行って、“あのエイベックス”から発売されたばかりの「ペーター・ダムの芸術(案の定、エイベックスお得意のコピー・コントロールCDだったりする)」を買ってきたんだけれど、その帰り、JR大阪駅構内にてウッド・○ッカーのTシャツリュック紙袋、そしてなんとぬいぐるみ帽子(!)を身に着けている、いかにもUSJ帰りのオバちゃんが。

    感覚としては、TDL帰りの子供たちが「例の耳」を付けて歩いている感じか。にしても年齢が。。。無垢な心は痛いほど伝わってくるけど。。。(というか痛い?)それにその帽子のでかいこと!(荷物に入らなかったんだな、きっと、そう信じよう!)

    しかも周りを見回しても、彼女の連れっぽい人は誰もいない。独りで行って来たんだろうか。。。独りで?USJに?スパイダーマン・ザ・ライドとか乗ったのかな?うーん。。。

    大阪って怖い街だな、とつくづく思いました。

    2004 3/25 しかしいのりはとどかなかった!

    今日、ものすごいものに出くわしてしまいました。

    摂津富田駅前にて、なんと両手を合わせてあからさまに祈りながら宝くじを購入する男性を見かけたのです。そんな事したところで、当たらないよなあ、宝くじ。

    参考までに、4月1日発売の「春のビッグボーナスくじ」の場合、発売枚数が450万枚、1等6000万円が2本、1等の前後賞が2000万円で4本ですので、獲得賞金の期待値が95.5円、その分散についてはσ^2≒20億という、いまいち実感の湧かない数字が出てきます。そう考えると、「祈る」ってのもある意味、前向きな姿勢なのかもしれません。あくまで、ある意味でだけれど。

    ともあれ、稲中でいうところの「出前持ちが自転車でバランスを崩して転倒、頭の上にザルソバが乗っかってる」みたいな、決定的瞬間でした。

    2003 8/12 Do you like Opera?

    Web メールを使っていると、ほんとうに色々なメールが、見たこともないようなアドレスから送られてくる。見ず知らず、というといかにも大層だが、そのほとんどがインターネットショッピングの広告メールか、でなければアダルトサイトからのメールだったりする。

    かくいう今日も、僕のホットメールのアカウントにはたくさんの“ゴミ”メールが届いていた。いつも僕は、これらのメールを、ちらとも見ずに削除しているのだけれど、今日は見慣れない1通のメールが目に付いたのだった。

    “Do you like Opera?”と題されていたそれは、他のメールとは何か一線を画しているような、妙な存在感を持っていたのだ。僕は、まあ嫌いなほうじゃあないな、とかなんとかひとりごちながら、やけに目立つそれをクリックして開いてみた。

    。。。開いてみるとそれは、なんとまあ、一点の曇りもないエロメールだった。しかもいわゆるトイズ・フォー・アダルツてなやつのインターネットショッピング。リンクをクリックしてみたが、甲斐なくリンク切れだった。ある意味、ゴミメール界の三冠王とも言える。結局それが、いったいどのようにオペラと関係あるのかは分からなかったけれど。何か俗語でもあるのだろうか?



    因みに、以前“Are you Horny?”というサブジェクトのメールが届いたこともある。その時は字面だけ見て、

    「ああ、そうだ、僕はHornyだ。なんで知ってるんだ?」

    と勇んでメールを開いてみたら、これもエロメールだったことがある。後で調べたところによると、この「horny」というのは俗語で「性的に興奮した」の意であったことが分かった。まあなんとなく分かるような気もする。いちおう言っておくけど、別に僕はそれほどhornyというわけではない。念のため。

    2003 8/6 近頃都に流行るもの

    掲示板でも少し話題に上ったけれど、いま、「トリビアの泉」がすごい人気らしい。

    この今をときめくテレビ番組を知らない人のために一応説明しておくと、この番組は視聴者から寄せられた、“ちょっとした”雑学(とはいえ、思わずうなってしまうようなものばかりだ)に対して、パネラーがその“へぇ〜”度を採点する、というものである。因みに『トリビア』とはラテン語で『取るに足らないもの』の意で、これをかの『トレビの泉』にかけている、というわけだ。(へぇ〜!) この番組はもともと深夜枠で放送されていて、つい最近ゴールデンタイムに進出してきたらしいんだけど、とにかくすごい人気で、新参ながらいまや 25% もの視聴率を稼いでいるそうだ。(へぇ〜!)小学生の間では、この番組のパネラーを真似て「へぇ〜!」と言いながら机をバンバン叩くしぐさが流行っているらしい。

    昔からこの番組を知る友人は「深夜枠のほうが面白かった」とか言うけれども、まあ、特に細かいことを気にしなければ今やっているゴールデンタイムのものでもそれなりに楽しめるだろう。因みに僕の今のお気に入りは、これとあと「ビフォー・アフター」だったりする。


    そうそう、『ビル・ゲイツの面接試験』という本が今売れに売れている。ユニークなことで有名なマイクロソフト社の面接試験についての本なのだが、その面接の中で出される質問、というのがとても興味深いものだったりする。そのうちの一つを紹介してこの稿を締めくくろう。考えてみて欲しい。

    鏡が上下でなく左右だけを逆転するのはなぜか?

    さあ、どうでしょ?なんでだろう♪

    2003 7/27 花嫁衣裳は誰が着る

    昨日、大学時代の友人の結婚式に出席してきました。

    というわけで、いつものようにそこここをパシャパシャ (そういえば、ケマル・パシャって何した人だったかしら?) 撮りまくってきたんだけれど、今日になってカメラを取り出してみたら、昨日のデータが詰まったスマートメディアがないことに気付いて大慌て。鞄の中を全部ひっくり返してみてもないし、ひょっとして昨夜2次会の宴会場でごそごそやっていたときに落としてしまったのかしら。。。とか考えても、とにかくろくなもんじゃない。

    で、最終的には見つかったんですけどね、どうやら昨夜家(式が地元であったもので、実家に泊まった)に帰って着替えた時に、アルミケースごとワイシャツの胸ポケットに入れっぱなしになっていたらしく、母親が朝洗濯するときによけておいてくれたそうです。気付かずに洗濯されていたりしてもぞっとしないけれど、ともかく無事に見つかってよかった。(とはいえ、まだ実物とそのデータを見ていない以上、無事だと結論付けることは出来ないのだけれどね。)


    実家に置き忘れたスマートメディアは、スーツやら何やらと一緒に、後日送付してもらう手はずになっているので、写真のアップロードももう少し後にしようかな、と思ってます。結構いろいろとハプニングもあったので、その辺も思い出しながらアップしたら面白くなりそう。しばしお待ちあれ。

    最後に、親愛なるJJKのためにこれを。







    過去の日記





    Ads by TOK2