僕 ら の 遊 山 遊 谷

東 北 〜 上 越

 山との係わりを色濃く残す東北地方は、忘却されゆく古しき時代の風習・文化が凝集されている。そんな山文化に触れながらの沢旅は、遡行だけでは語れぬ多くの掟を我々に問いかけてくる。俗化をあざ笑うかのよう山深く伸びる小径(こみち)。そこを繁々と歩いてみれば、満ち溢れた潤いたちが物語る。自然との融和を損じてきた人間のなんと愚かで浅儚なことかと。

大白沢川シロウ沢



もう25年ほど昔の奥只見、大白沢川シロウ沢。小出からバスで銀山湖へ行き、船でダムを渡り、
自由乗降バスで砂子平から本流に入渓。
当時の装備は地下タン(地下足袋)に草鞋、ハーネスはなく8mm程度の胴綱とカラビナ、
9mm40mのザイルが一本、シュリンゲ(スリング)が少々のみ。
基本的にトップはフリーであった。帰路は恋ノ股沢を下降。
自分の中の、憧れの遠き平ヶ岳をめぐる山旅は、この1980年の夏で一応の完結をみた。(C)


白神 奥入瀬川

日本海に注ぐ追良瀬川は白神の森を流れるが、太平洋に注ぐのが
奥入瀬川でどちらも「おいらせ」である。年間を通じ水量も安定しているのは
十和田湖を源する観光放水のためであり、遊歩道が続く。(F)



白神 赤石川 赤岸壁

(K)


谷川岳 湯檜曽川
 
(K)


谷川岳 ヒツゴー沢
 
(K)


那須 大蛇尾川

(F)


巻機山 米子沢

(F)

トップ
Ads by TOK2