僕 ら の 遊 山 遊 谷

堰 堤
 日本中の谷に数多く作られた堰堤群。山奥にある巨大な堰堤は、今や立派な登攀対象である。鉄梯子が残っていればラッキー!ツルリとした微妙な傾斜は是非挑戦してみたい。小さなスタンスの階段状は高さがあって怖いしヌメリがあると5.13aにも匹敵する。堰堤に打つハーケンは、もう情けないなどと思ってはならない。

田代ダム




ダムから山を貫通して山梨県富士川水系早川の田代発電所へと流れていく


二軒小屋前の大井川本流へと流れ落ちるチョロチョロ滝

2005年、田代ダム放流量合意
http://yamatoiwana.hp.infoseek.co.jp/oigawa/shizu051130/051130shizuoka.htm
「川は誰のものか?」という問いに自分自身答えられないまま、杉山町長の「不満はあるが受け入れた」というコメントを聞いた。抽象的だが、「川とともに暮らす暮らし」が減っている今、もっともっと川に勤しんで、川を体で感じたり、触れ合ったりというスタイルが必要になってくると思う。家の電気はつくけど、横に流れていた川が枯れちゃった・・・では、どうにもやりきれない。(転載させて頂きました)
M


大井川西俣取水堰堤



黒部 弥太蔵堰堤

S44洪水で破壊される。甘く見て油断すると滑り落ちる。D

トップ

Ads by TOK2