fita's room

dysDA 0.3.1
by fita
2004/02/04
?

■はじめに
 「思い立ったときパッとメモがとれるから」ということもあって Palmで簡単な日記を付けています(とは言っても標準メモ帳に書いてるだけですが)。で、日記なわけですから当然日付を入れるんですが、今は Palm用インラインPOBox(http://www.csl.sony.co.jp/person/masui/OpenPOBox/PalmInline/)を使わせていただいてまして、ここでちょっとした問題がありました。
 後で日記を読み返すときには、やっぱり曜日が欲しい。でも残念ながら POBoxに添付されているタイムスタンプモジュールでは曜日が付かない。
 それではってことで、いろいろと探してみたんですがこれが見つからない。意外ですがないものはない。ならば最後の手段で作ってみることに・・・。
 ということで作ってみました、私にとっては初DAとなります曜日付きデイスタンプ・・・です。


■本アプリの概要
 タイムスタンプ・デイスタンプな訳ですから日時関係文字列を素早く入力(スタンプ)できます。
 年(西暦)・月・日・曜日・時・分・秒・AM/PMをいくつかの様式でスタンプできます。
 並び順や区切り文字・括弧等の固定文字を含めた書式を自由に設定できます。
 この設定を最大5つまで保存し切り換えて使用することができます。

 Ver0.3からは、文字列の保存を4つから5つに増やしました。また、ハードキーによりスタンプできるようにしました。

 本アプリは DAですので、HackMaster(またはその互換アプリ)といわゆる DAランチャーが必要です。
 DAの詳細については以下のサイトにてご確認下さい。
 ◇DAランチャー:Muchy's Palmware Review!(http://muchy.com/review/dalauncher.html)
 ◇Desk Accessaries for PalmOS(http://www001.upp.so-net.ne.jp/h-yama/da/)


■インストール・アンインストール
 こちらからダウンロードして下さい。 > dysDA031.lzh (6KB)
 解凍した dysDA031.prc(6KB)を普通にインストールして下さい。旧バージョンがインストールされている場合は上書きインストールしても構いません。

 アンインストールする場合は、標準ランチャーから「dysDA」と(あれば)「dysDADB」の2つを削除して下さい。


■動作確認
 主に treo90実機とエミュレータ(POSE3.4+PalmVxJ)で動作確認しました。


■使い方
 最初の起動では次のような環境設定画面が開きます。
 --------------------
|[yyyy/mm/dd(W)]     | <- テキストフィールド
|--------------------|
|[0] [1] [2] [3] [4] | <- プッシュボタングループ
|                    |
|□常にこの画面を開く| <- チェックボックス
|  [     OK     ]   |
 --------------------
 0〜4のプッシュボタングループで、画面最上段のテキストフィールドに表示する書式を選択します。このフィールドでスタンプする文字列を自由に編集することができます。
 後述する本アプリの予約語以外は、そのままデイスタンプ・タイムスタンプの一部としてスタンプされます。
 0と1にはあらかじめ書式が設定されていますが、編集なり削除なりして構いません。

 デフォルトでは「常にこの画面を開く」チェックボックスがオンになっています。このため本アプリを起動すると、必ずこの環境設定画面が開きます。このチェックボックスをオフにすると、この画面を開くことなく最後にプッシュボタングループで選択した書式、または最後にスタンプした書式で即座にタイムスタンプ・デイスタンプが入力されます。
 複数の書式を使い分けたい場合はこのチェックボックスをオンに、そうでなければオフにしておけばよいと思います。

 このチェックボックスがオフであっても、「pref」(全て小文字)の文字列を選択して本アプリを起動すれば、環境設定画面が開きます。

--------------------
 「OK」ボタンをタップすると、選択されている書式でスタンプされ画面が閉じます。
 予定表ボタンで書式0、アドレス帳ボタンで書式1、上ハードキーで書式2、ToDoボタンで書式3、メモ帳ボタンで書式4がそれぞれスタンプされ、画面が閉じます。
 画面の枠外をタップするか下ハードキーにより、スタンプせずに画面を閉じます。


■本アプリの予約語
 以下の文字はそれぞれ日時等の文字に変換されます。それ以外の文字はそのままスタンプされます。
 例えば上記書式 [yyyy/mm/dd(W)] は [2003/01/01(WED)] のように変換されてスタンプされます。
 yyyy - 西暦(4桁)
 yy   - 西暦(下2桁)
 mm   - 月(10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 m    - 月(10より小さい場合は1桁)
 dd   - 日(10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 d    - 日(10より小さい場合は1桁)

 HH   - 時(24時間方式・10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 hh   - 時(12時間方式・10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 H    - 時(24時間表示・10より小さい場合は1桁)
 h    - 時(12時間表示・10より小さい場合は1桁)
 MM   - 分(10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 M    - 分(10より小さい場合は1桁)
 ss   - 秒(10より小さい場合は頭に0を付けた2桁)
 s    - 秒(10より小さい場合は1桁)
 ap   - am または pm
 AP   - AM または PM

 W    - ex. SUN
 w    - ex. Sun
 WW   - ex. 日

■注意事項
 たぶんどのアプリでも文字を入力できる状態で本アプリを起動すれば、タイムスタンプ・デイスタンプが入力されます。そうでなければ何も起こりません。
 あらかじめ文字列が選択されている場合は、その文字列がタイムスタンプ・デイスタンプに置き換わります。
 指定した書式が長さ0の空白の場合は、あらかじめ選択された文字列が削除されることになります。


■開発環境
 Windows95 & 2000 + GCC


■その他
 本アプリは freewareです。使用・配布等は自由ですが、自己責任でお願いします。

 ご意見・ご要望等ありましたら fita@ams.odn.ne.jp までお願いします(アドレス末尾の _delete は消して下さいね)。


■更新履歴
 Ver0.3.1 - 2004/02/04
 ・環境設定画面を開かずにスタンプする機能が動作しない不具合を修正

 Ver0.3 - 2003/08/07
 ・書式を5つまで設定できるように修正
 ・ハードボタンによりスタンプできるように修正

 Ver0.2 - 2003/02/18
 ・書式を4つまで自由に設定できるように修正
 ・時刻(タイムスタンプ)を入力できるように修正

 Ver0.1 - 2002/12/19
 ・一般公開


■謝辞
 環境設定画面を開かなければスタンプできない不具合をご指摘下さいましたPDAマガジン様、ありがとうございました。そして対応が大変遅くなりまして申し訳ありませんでした。(2004/02/04)

 いつもながらですがソースを公開して下さっている皆さん、ありがとうございます。特に、上記サイト Desk Accessaries for PalmOSを公開されている山門さん、そして ToUpperDAのソースを公開されている寺田さん、これらの情報がなければ本アプリはできなかったと思います。ありがとうございました。(2002/12/19)


fita's room

Ads by TOK2