東京都文京区



東京カテドラル聖マリア大聖堂

設計:丹下健三
所在地:東京都文京区関口
用途:
宗教施設
竣工:1964年12月
構造:HPシェル


撮影カメラ:
デジタルカメラ(35万画素)
FUJIFILM(DS-8)

HP作成日:2001年5月 3日
更新@:2001年11月18日(説明一部修正)


東京カテドラルは丹下健三氏の代表作のひとつで、シェル構造を採用したダイナミックなデザインが特徴です。
これが全景。 観る方向によって様々な形に見えます。 




玄関とスリットの見上げです。
建物本体に近づいてみると、意外にも小さく感じました。
外部仕上はアルミ、内部は打ち放しです。
通常この扉は閉まっているようで、通用口のようなところから中へ入れます。 受付窓口には何人かのシスターが常駐しておられます。




(写真左)これは鐘楼。 建物本体の隣に建っています。
(写真中央)通用口、というよりエントランスというべきか?




内部、礼拝堂の様子です。 打ち放しのダイナミックな空間は、実に圧巻です! 現場打ちだと思われますが、どのように施工したのかぜひ知りたいものです。
薄暗い中、上部からの木漏れ日が美しく、印象的です。
信心深くない私ですが、実に神妙な面持ちになりました、とても感動しました。
他の宗教建築でもそうなのですが、空間がもたらす人間への心理的効果ともいうか、精神的影響をあらためて知りました。


リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2