大阪府



GALLERIA[akka]
ガレリア アッカ

設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:
大阪府大阪市中央区東心斎橋
用途:店舗
竣工:1988年4月
構造:鉄筋コンクリート壁式構造
規模:地上4階、地下1階


掲載雑誌:
新建築88年10月号(P211)

撮影カメラ:

デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2001年9月 23日


心斎橋のメインストリートからひと筋(御堂筋からふた筋)離れたところに建つ商業施設です。




「ファサード」
(写真左)正面の様子です。 打放し仕上、上部をアール型ガラス貼りというシンプルな構成。
(写真中央)南側隣地は空地だったので、側面の様子を確認できました。
(写真右)正面、見上げです。




「アプローチ」
OXY鰻谷もそうだったのですが、狭い開口となっています。




「吹抜と階段」
奥行きの深い敷地に設けられた吹抜空間、弧を描く外壁に沿って階段が巡ります。
他にも意外なところに階段が現れて、探検感覚で楽しめます。
高さ方向の回遊性を意識し、ビルの中に小さな街並を実現した感じでした。





(写真左)最上階に設けられた空中デッキです、吹抜空間に向かって迫り出しています。
(写真中央)デッキに立ってみた様子。
(写真右)吹抜上部は開放されていました、青空が覗いています。




「最上階(4階)」
最上階は空中デッキ、吹抜けから見下ろしたときの階段のカタチ、心斎橋の街を眺めることのできるバルコニーなどなど、楽しめる階となっています。





「最下階(地下1階)」
(写真左)地下1階のテナントです、一番賑っていました。
(写真中央)地上へ続く階段。
(写真右)エレベーターホール、あまり目立たない存在です。

おそらく心斎橋に点在する安藤商業施設の中で、一番の規模、一番の回遊性の面白さという印象だったのですが、やはりお客さんが少ないのと、いくつか空いている、テナント募集中のハリガミがなんともサビシイ感じ。 中へ入ってみると楽しげなつくりなので、やはりお客を導き入れるための、何か興味を持たせるようなアプローチの工夫が必要だと思いました。


リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2