岡山県



成羽町美術館

設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:岡山県川上郡成羽町下原
用途:
美術館
竣工:1994年10月

構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模:地上2階、地下1階


掲載雑誌:
新建築95年9月号(P111)

日経アーキテクチュア
95年8月14日号(P122)
96年2月19日号(P102)



撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2001年11月 3日


成羽川と緑豊かな山々に囲まれた環境に建つ美術館です。




石垣のアプローチを進むと、巨大なコンクリートの壁が出迎えます。 エントランスがどこにあるのか分らず、歩かされました。
スロープを見つけてしばらく歩くと、いきなり視界が開け、小高い山をバックに配された水盤とさらなるスロープが現れます(それが一番上の大きな写真)。
いつもながらこういった手法は見事、面白い。





「ホワイエ(ロビー)」
受付を抜けると吹抜けのホワイエ、「散水の庭」という水盤に面しています。




「テラス」
「流水の庭」と呼ばれる水盤の一部をコンクリートの巨大な壁で切り取り、設けられたテラスです。
多目的展示室に沿って配されています。 アプローチのスロープと共に、この美術館の一番の見所と感じました。
喫茶室から出ることが可能で、スチールフレームの巨大な自動扉が音を立ててゆっくりと開き、重厚で迫力がありました。





「多目的展示室」
細長平面の吹抜け空間で、上部には廊下が伸びています。




(写真左)展示室
(写真中央)喫茶室
(写真右)ミュージアムショップ





「散水の庭」と呼ばれる水盤を囲うように配された広場と階段です。 屋外での企画展示スペースとしても活用できそうです。

リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2