奈良県



五條文化博物館茶室

設計:
安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:
奈良県五條市北山町
用途:多目的施設
竣工:1997年
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
規模:地上1階、地下1階


撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2002年2月3日



■五條文化博物館
 
 所在地:奈良県五條市北山町
 用途:博物館
 竣工:1995年4月


五條文化博物館に隣接する別館です。 茶室や多目的室が備わり、主に文化活動に利用されます。





外観は打放しの外壁にスチールの軒、支柱、サッシで構成。 そして様々な造形のくり型が見られます。
茶室エントランス前にはヒンプンともいうべき目隠し壁が立てられ、小さなカウンターが配されています。




「和室」
主に茶道、華道のほか、市民の文化活動、研修活動に利用されます。
開口は丸や半円といった形が見られますが、襖やサッシは正形です。 襖を閉じたときに映し出される影がユニーク。





「休憩室・多目的室」
この部屋は外部の床と同レベルで、土足で利用します。
襖を模したアクリル製の引戸が印象的。 枠はスチール製、そして天井いっぱいまで設けられています。


リストへ戻る

Visit Architecture and Street

Ads by TOK2