熊本県



熊本県立装飾古墳館

設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:熊本県鹿本郡鹿央町大字岩原
用途:
歴史資料館
竣工:1992年3月
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
規模:地上1階、塔屋1階、地下1階


掲載雑誌:
新建築91年4月号(P280)
新建築92年10月号(P207)

撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2002年2月3日


熊本、岩原古墳群内に建てられた古墳資料館です。
かなり前、何気なく雑誌で目に止まり「安藤忠雄が古墳の博物館をやるとこんな感じになるんだろうなぁ」と思って設計欄を見るとそうだったという建物。




屋外展示場
配置計画を見ると古墳そのものの形状で、時が経てば現代の古墳と化するような印象です。
螺旋状のスロープを巡ります。




「アプローチ」
大階段と水盤、滝、打放しの壁と広場で構成。 階段を登ると屋上広場、そして螺旋スロープへと至ります。





「エントランス」
(写真左)エントランスホール。
(写真中央)受付カウンター。
(写真右)展示室へ続く廊下。




(写真左)階段。 外から見た2本のシリンダー塔の内部です。
(写真中央)1階展示室。
(写真右)1階廊下。




「地階ホール」
細長い吹抜空間で、ここも展示スペースとして活用されていました。




(写真左)地階、イマジネーションホール。
(写真中央)地階、装飾古墳室。 装飾古墳の再現レプリカ、出土した副葬品が展示されています。
(写真右)装飾古墳検索システム。 全国の装飾古墳の情報を検索できます。




「屋外展示場に面するスロープ」
地下の見学が終るとスロープを登り、出口へと向かいます。
古墳の中から抜け出る印象。 屋外の展示物も観賞できます。





「別館・実習棟」
こちらは隣接する別館。 学習室や学芸員の部屋があります。
ヴォールド屋根、真中に中庭を持ち、打放しの壁で囲われています。





「屋外便所」
この便所も安藤忠雄の設計。 打放し仕上で四角と円形の2種類の棟があります。
内部はさながら古墳のような雰囲気♪


リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2