兵庫県



関西学院大学ランバス記念礼拝堂

設計:ヴォーリズ建築事務所
所在地:兵庫県西宮市上ヶ原一番町
用途:
学校施設
竣工:1959年
11月
構造:鉄筋コンクリート造
規模:平屋建


撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2002年4月26日


ランバス記念礼拝堂は宗教センターの北東側、メイン・ストリートより少し離れて建っています。
創立70周年記念として建設されました。





エントランスは三角のペディメントにコリント様式の円柱、そして上部には薔薇窓が見られます。
このファサードは神戸女学院礼拝堂(ソール・チャペル)にとてもよく似たものとなっています。
建物側部は大きな縦長アーチ窓の連続。




礼拝堂内部の様子。 大きな縦長アーチ窓のおかげで比較的明るい空間となっています。
ヴォーリズの亡くなる5年前、一柳社ヴォーリズ組織改め2年前に設計された建物であり、ヴォーリズ本人がどれだけ関与していたのか分りませんが、木組を露出させた天井仕上や各部に見られる細かい装飾など、ヴォーリズの精神を受継いでいる感じがしました。


リストへ戻る

Visit Architecture and Street

Ads by TOK2