兵庫県



播磨高原東中学校

設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:兵庫県揖保郡新宮町光都
用途:
学校
竣工:1997年3月


撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2002年2月3日


播磨高原東小学校創立の2年後に完成した中学校です。
敷地内には象徴的な打放しの時計塔が配され、長く生徒の記憶に残るような印象でした。



 
小学校の意匠を踏襲した、RCブレースで構成された校舎、ドーム型体育館が見られます。




校舎の様子。 妻側に時計塔が見られます。





体育館の様子。 弧を描く打放しの壁で囲われ、階段、若しくは回廊でアクセスします。
軒裏には鉄骨ブレースが見られます。

校舎、体育館とも隣接の小学校と似たようなデザインで、もう少し変化があっても良いのでは?という印象で、そんな中で時計塔といった、記憶に残るシンボル的な構造物を設けたのは重要だと感じました。


リストへ戻る

Visit Architecture and Street

Ads by TOK2