兵庫県



ROSE GARDEN
(ローズ・ガーデン)


設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:兵庫県神戸市中央区山本通
用途:
店舗
竣工:1977年3月

構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模:地上3階、地下1階


掲載雑誌:
新建築77年5月号(P139)
建築文化78年3月号

撮影カメラ:

デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2001年9月23日


北野の街に建つ安藤忠雄初期の商業施設です。




(写真左)北野通りからの様子
(写真中央〜右)筋の通り、坂道からの様子




ファサードは北野の街を意識した煉瓦積みで、その重々しさを上部のガラス貼りで軽やかに見せています。




傾斜した敷地の中で建物を大きく2棟に分け、その間に中庭を設けて、スキップフロアで回遊性を生み出すという、レベル差をうまく生かした計画となっていました。
中庭に面した階段、手摺はペンキ塗りでした、これらは当初打放しだったと思われます。 ペンキが塗られてさらに年月が経っているらしく、汚れなどエフロが目立ち、なんとも痛々しい感じ。




回遊性を実現した廊下、階段。




最上階の様子。 温室のような、スチールフレームのガラス貼りとなっています。

築20数年ということで、全体的にエフロが目立ちました。 煉瓦部分はいいとして、ペンキ塗りの壁など、さらなるメンテナンスが必要なのではと感じました。


リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2