兵庫県



扇観亭(シロトピア記念公園休憩所)

設計:黒川紀章/黒川紀章建築都市設計事務所
所在地:兵庫県姫路市本町
用途:
休憩所
竣工:1993年3月

構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模:地上1階


掲載雑誌:
新建築94年1月号(P144)

撮影カメラ:

デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2001年8月 26日


姫路城北側、シロトピア記念公園内にある休憩所です。
水盤を中心に2棟の扇形平面があり、トイレと休憩所に分かれています。




休憩所棟はガラスカーテンウォール、トイレ棟は打放し仕上(背後はタイル貼り)となっています。
アルミ家具も黒川紀章のデザインだとか。
休憩所は空調設備が整っており、公園の施設としてはゼイタクなつくりです。
でも訪れた日は空調が止まっており、ガラスで密閉された空間は暑くて温室のようでした。 ガラス貼りで一見自然を取り込んでいるように見えますが、隔絶感がありました、つまり公園内の施設なのだから、自然(風など)を取り入れるような開放があってもいいのではと感じました。 
トイレに行ってみると、なんとっ!自動扉になっています、公園のトイレなのに! そして冷房が効いてすごく快適!公園のトイレなのに! まるでホテルなみ!
なんとも奇妙な印象でした。

リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2