愛媛県



南岳山光明寺

設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所
所在地:愛媛県西条市大町
用途:寺院
竣工:2000年6月
構造:
本堂-木造
客殿・礼拝堂・庫裏-鉄筋コンクリート造
規模:地上1階


掲載雑誌:
新建築2001年1月号(P76)


撮影カメラ:
デジタルカメラ(334万画素)
SONY(DSC-P1)

HP作成日:2001年9月23日


垂直を強調した木造本堂が印象的な光明寺です。




「アプローチ(山門・鐘楼)」
(写真左)門は昔からある、既存を残したものと思われます。
(写真中央)門をくぐってすぐに現れる鐘楼、本堂の前に建っていました。 門同様、こちらも既存を残したものと思われます。
(写真右)門をくぐりぬけて続く小道。




「本堂外観」
本堂は垂直を強調、庇を深く設けた木造で、周囲は水盤となっています。





「打放しの棟(客殿・礼拝堂・庫裏)」
私は当初木造のみかと思っていたのですが、打放しの棟もありました。
木造の本堂に隠れるように建っています。 表通りから目立たない存在となっていました。
ヴォールド屋根、壁は腰のあたりから斜めに角度がついています。
エントランス、事務室、広間、納骨堂などが入っています。




「エントランス」
(写真左〜中央)打放し棟(客殿)にあるエントランス。
おなじみのスチール製枠の大開口引戸、写真中央からも分るように天井いっぱいまで設けられています。 重みがあり、ゆっくりと謙虚な気持ちで開けます。
(写真右)本堂へ至る橋。




「本堂回廊」
ご本尊のある中央の部屋を囲うように回廊が巡ります。
垂直に伸びる木材、その間のガラスから陽射しが入りこんできます。
時間によって刻々と変化します。




「開口の工夫」
(写真中央〜右)木造垂直壁に設けられた、縦軸回転の開口です。 おそらく風を取入れる為のものと思われますが、角材を回転させるという、なんとも面白い発想です。




「本堂内部」
約100帖はあろうかと思われる本堂です。
取り囲んでいる壁は格子状のベイマツ集成材とスリガラスの構成、十分な光を取込んで明るく静かな雰囲気です。
きっと夜はここからの光が、木造垂直壁の細い開口群から発せられ、水盤に浮かぶ建物を美しく演出するのでしょう。




「組合された柱」
4本をひとつの集合体として設けられた柱です。 中央の床にはライトアップの為の照明器具が確認できました。
組み合わされたベイマツ集成材の姿も美しい。




「礼拝堂ロビー」
打放しの棟で、ヴォールド天井の2層吹抜けになっています。 声がよく響きました。
扉はおなじみのスチール製。




「広間」
足元に明り取りが設けられた打放しの壁、木の仕上のヴォールド天井、畳敷きの広間です。
フスマで3つの部屋に分けることが出来ます。




「納骨堂」
礼拝堂ロビーを抜けると納骨堂に至ります。

リストへ戻る


Visit Architecture and Street

Ads by TOK2